いよいよプロポーズ!指輪は後で渡しても大丈夫?

お悩み相談


プロポーズが近づいてくると、男性としてはとても気になることがあります。

それは、指輪についてです。

男性がプロポーズをする際に、シチュエーションと共に気にするのが、指輪を渡すタイミングです。プロポーズの時に指輪を渡すが理想ですが、後で渡してもよいのでしょうか。

エンゲージリングを渡すタイミングについて考えていきます。

 


そもそもプロポーズで指輪を渡す理由は?

 

結婚を意識しだしたら用意する指輪は2種類あり、プロポーズの際に男性から女性に婚約の証として贈られるのがエンゲージリング(エンゲージリング)です。

「愛」とは形のない儚いもの。

エンゲージリングはそれを証明し、周囲への結婚の意思を伝える意味として贈られてきました。以前は「エンゲージリングは給料の3か月分」と言われるように、事前に用意してプロポーズの際に手渡すのが一般的でした。しかし現在は、プロポーズの後に渡すケースも増えています。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

エンゲージリングをプロポーズと同時に渡すメリットは?

 

エンゲージリングをプロポーズと同時に渡すメリットは何かあるのでしょうか。プロポーズと同時にエンゲージリングを渡すのはシチュエーションとしてはとても良く、絵になります。マンガや映画などではプロポーズと一緒に指輪が出てきますし、昔は主流でした。

もしメリットがあるとしたら、深く思い出に残るという点です。

冷静に考えてみてください。男性が選んだエンゲージリングは、女性にとって欲しいデザインでしょうか。女性が欲しい指輪は、自分が一番知っています。男性が選んだエンゲージリングを渡されても、嬉しいことは嬉しいですが、最終的にはタンスの肥やしになってしまうかもしれません。

そもそもエンゲージリングは、高い買い物になります。ふたりの将来のことを考えたら、他に欲しいものもあるかもしれません。エンゲージリングはいらず結婚指輪だけあれば十分という意見もあります。

エンゲージリングを購入する前に、ふたりで話しあっておくのも良いですね。

 

ゼクシィ

エンゲージリングをプロポーズの後に渡すメリットは?

 

プロポーズの後にエンゲージリングを渡すメリットとしては、サイズやデザインなど彼女の好みに合った指輪の購入ができることが挙げられます。サイズは事前にリサーチしたり、後で変更してもらったりすることも可能ですが、好みのデザインを把握するのは難しいですよね。

永遠の愛を誓うために贈るエンゲージリング。彼女をがっかりさせないためにも、指輪は後から一緒に購入して渡すのがいいでしょう。

一緒に選ぶ際にはデート感覚で楽しめます。

また、結婚指輪と一緒に身につけるセットリングもあります。エンゲージリングは、どうしても結婚するまでの間、婚約の証明として身につけておく指輪で、結婚指輪と入れ替わってしまいます。

必然的にエンゲージリングが使われなくなってしまいます。

結婚指輪とエンゲージリングの2つが合わさって、ひとつのデザインになるセットリングは、なおさら彼女と一緒に選ぶと素敵な指輪が見つかります。

 

ダミーのエンゲージリングもある!

 

プロポーズの際に、指輪を渡したいけど、事前に彼女の好みなどを調べておくのが難しい場合には、ダミーのエンゲージリングがおすすめです。リングだけダミーでダイヤは事前に購入したものを使用することもできます。「後でふたりで選びに行こう」と提案すれば、彼女が喜んでくれること間違いないでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

プロポーズ時には何を渡す?!指輪以外のギフトも

 

ダミーの指輪も使わずに後ほど一緒にエンゲージリングを買いに行く場合、プロポーズ時には代わりに何を渡したら良いのでしょうか。

普段使いできる指輪以外のアクセサリーなどおすすめです。ネックレスやピヤス、イヤリングだけでなく、バッグやお財布なども良いでしょう。長く使っていただくために、実用的なギフトを渡すのもひとつの方法です。

また、実用品ではなくても記念品になるものも喜ばれます。

例えば、フラワーギフトはいかがでしょうか。花束風の記念品はもちろんのこと、ギフト用のバッグに数々の花を詰め込んだギフトもあります。メッセージを入れることもできるため、プロポーズ用のアイテムとしてもおすすめです。

シンデレラのガラスの靴をプレゼントしたという方もいるようで、個性的なプロポーズを行いたい場合は、彼女の事を考えながら探してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

エンゲージリングを渡すのは、プロポーズの前と後どちらのほうが良いかまとめました。昔は、プロポーズと同時にエンゲージリングを渡すのが主流でした。しかし、今はプロポーズの後に渡すのが主流です。

エンゲージリングはどうしても結婚式の後には、結婚指輪にとって変わられてしまいます。身につける期間も短いだけでなく、使用しなくなればタンスの肥やしになってしまいます。

プロポーズ時には、指輪ではない違うギフトを渡し、後で彼女にぴったりなデザインのエンゲージリングを探しに行きましょう。話し合って、エンゲージリングにお金をかけずに別のものを買うでも良いと思います。

男性の方々は、プロポーズが近づいてきたといって、焦ってエンゲージリングを買わなくても大丈夫ですよ。