PIAGET ピアジェ

完璧性と卓越性を有するクオリティと、一目で分かる緊張感漂う端正なデザイン。

ラグジュアリーウォッチ製造がルーツのピアジェは、技術・デザインともに手にすると背筋が伸びるような高級感が味わえます!

おすすめ度 4.2
安心フォロー
接客
デザイン
オリジナリティ
価格帯
取扱
Web掲載点数
店舗数


ピアジェの特徴

結婚指輪などピアジェが作り出すデザインの一つ一つは、ジュエラーとセッティンング職人の技術力によって流れるような質感と光の輝きをまとっています。仕上げには特に細心の注意が払われ、身につけた時のしなやかさと心地良さが特徴。ジュエリー製作のそれぞれの段階において、技術的、デザイン的な制約がある中で、技術者達はデザインの美しさを最も重要視。ピアジェの選ぶ石は色、質量、純度に関して最高級の基準を満たしています。工房では毎年約3万カラットの石がセッティングされ、ダイヤモンドは全て社内で定められた基準で厳しい目でチェック。ジュエリーはジュネーブにある最も大きな工房の一つで作られます。デッサンが考えられ、少しずつ輪郭が作られていきます。

マイナビウエディングジュエリーフェア

ピアジェの歴史

ピアジェの第一歩は、ジョルジュ・エドワール・ピアジェがスイスの小さな村に設立した時計工房からでした。1874年のことです。彼は家族の農場の中に一番初めの工房を設け、精密な時計の製造に打ち込みました。やがて、彼のもとには一流ブランドからの注文が来るようになり、事業は発展。ピアジェの名声はジュラ山脈一体を超えて広がり、工房は新たな次元へと進みます。1911年には息子のティモテ・ピアジェが会社の経営を継ぎ、成功を収め、揺るぎないピアジェの基盤が築かれます。1943年、ピアジェは商標の登録を行い、世界的な名声を高めました。時計製造業界で異彩を放つ存在になり、時計を限りなく薄く作る極薄革命を成功させるなど、次々に挑戦。その後、ジュエリー業界にも進出し、ピアジェの持つ技術を最大限に活かしたジュエリー達を世に送り出しています。