agete アガット

ファッションリングの有名店が手掛ける、上質素材とよりエレガントなデザインのブライダルライン。ロマンティックな世界観のハイジュエリー。

クラシカル・伝統的・アンティーク”という原点に、時代の空気を反映させたデザインで、常に若い女性の支持を受け続けるアガット。ブライダルラインは、原点に沿った個性溢れるデザインが花嫁のハッピーなフィーリングを後押し☆

おすすめ度 3.9
安心フォロー
接客
デザイン
オリジナリティ
価格帯
取扱
Web掲載点数
店舗数


アガットの特徴

「agete(アガット)」は数多くのアクサセリーを展開していますが、共通して言えるのは、ストーンの大きさやデザインにかかわらず、優しい女性らしさが感じられること。特に結婚指輪においては、柔らかで、アンティークを思わせるようなデザインが多く、身につけると指先を女性らしく、おしゃれに演出します。また、装飾も華美すぎず、控えめなので、婚約指輪との重ね付けにもぴったりです。指輪の種類によっては、イエローゴールドやプラチナなど素材を選ぶことも可能。自分の肌の色味に応じて素材を選ぶことで、指輪が更に自分に馴染みます。また、指輪はオーダーを受けてから製作しており、二人のイニシャルや記念日などの刻印も行っていることから、二人だけの特別感のあるブランドと言えます。

マイナビウエディングジュエリーフェア

アガットの歴史

「agete(アガット)」は1990年に日本の代表的な服飾企業、「サザビーリーグ・グループ」の関連会社である、「エーアンドエス」によって立ち上げられました。コンセプトは「シンプルで洗練された中にも、時代感覚のあるアクセサリーを」。設立当初はシルバーアクセサリーが主体でした。しかし、現在では、シルバーやゴールド、貴石などを基本アイテムとしながらも、ポップでカラフルな半貴石を使用したアクセサリーから、クラシカルなものまで多彩に展開。一般的なアクセサリーだけでなく、結婚指輪や婚約指輪のデザインも豊富です。ブランドラインは、スタンダートラインである「agete(アガット)」を始めとし、古き時代を感じさせるデザインが中心の「agete CLASSIC(アガットクラシック)」などがあります。主にレディースを中心とした商品ではありますが、 男性向けの時計や、ベビーリングなどもあり、年代性別を超えて愛されるアクセサリーを提案し続けています。