結婚指輪選びはやっぱり値段?少しでも安くするために工夫できること

お悩み相談


結婚指輪選びにおいて値段はひとつの悩める種かもしれません。結婚指輪の金額は幅広く、店頭に足を運んでみると「思った以上に高い!」、「このくらいの値段の結婚指輪を購入するのが普通なの?!」」と疑問に思ったことがある人は少なくないはず。

結婚指輪選びを行う上で、素材別による相場を知っておくと、金額を見ても驚かなくなりますし、周りの意見に流されずに納得したお買い物ができるようになるでしょう。

ここでは、結婚指輪選びにおける値段のお悩みについてまとめてみました。これから結婚指輪選びを始めようとしている方にとって基準となるでしょう。

 


結婚指輪にまつわる疑問!高い指輪と安い指輪、値段の違いは?

 

結婚指輪において値段を見てみると、高い指輪と安い指輪に分けられます。この値段の違いについて考えたことはありますか?

実は「地金をどれだけ使用しているか」によって差が出てきます。例えば、同じプラチナの結婚指輪でも、純度が高いほうが高額になります。さらに、高純度の素材の方が、加工も難しいため、さらにプラスされたりもします。

あとは、ダイヤモンドなどの石付きの結婚指輪かそうでないかも考えられます。ちなみに、結婚指輪で使用するダイヤモンドは、ファッションリングに使用されているものより、上質な素材を使用するため、その分値段も高くなります。

結婚指輪だからこそ、高級かつ高品質な素材を活用して価値の高いものを提供しようと努力しているのです。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

素材で指輪の値段が決まる?

 

結婚指輪には同じデザインでも素材が違うものがたくさんあります。

例えば、プラチナとホワイトゴールドを比較すると、同じデザインでも金額は3万円から5万円ほどの差がでます。

素材などこだわりを持たず安い指輪を購入したい方は、ステンレスなどの比較的安価で丈夫な素材の指輪がおすすめです。デザインにもよりますが、ステンレス素材の結婚指輪は、3万円以内で購入できるものもあります。

値段の安さにこだわるのか、それとも一生モノの結婚指輪なので高級かつ高品質な素材を選ぶのか、ふたりの要望に合った結婚指輪を見つけてくださいね。

 

ゼクシィ

ブランドとノーブランドの違いは?!値段の差はどれくらい?

 

結婚指輪といえば有名ブランドを思い浮かべる方も多いでしょう。芸能人の結婚式で選ばれる指輪も有名ブランドのものが多いです。

ブランドの結婚指輪には「ブランド名」という付加価値があるため、ブランド品でない結婚指輪よりも高くなってしまう傾向にあります。

その点、ブライダルリング専門店では、ブランド品でなくても高品質なものを扱っているお店が多く、結婚指輪を安く抑えたい方にはおすすめです。

専門店は「ブランド名」という付加価値がないことから、比較的安価で品質のよいものを購入できるため、多くの方が結婚指輪を購入しています。

ブランドとノーブランドの結婚指輪では、値段の差はどれくらいあるのでしょうか。ブランドにもグレードがあり、ハイブランドになると数十万円から数百万円にも及ぶ指輪もあります。

ちなみに、ハイブランドで有名なカルティエでは、プラチナ950素材、幅が2.5mmのシンプルな結婚指輪が135,000円です。ティファニーの幅が3mmプラチナリングは、139,320円です。

結婚指輪専門店「マリアージュ」のシンプルなプラチナリング(Pt950)は、107,200円
。同じく専門店の「アイプリモ」のプラチナリングは、95,000円です。

価格差は、3万円~4万円程度あると思っておくと良いですね。

 

アフターフォローの差でも値段の差はできる?!

 

結婚指輪選びの場合、値段やデザインに目が行きがちです。しかし、それら以上にアフターフォローについても考慮してお店選びをすると良いでしょう。

結婚指輪は一生身につけるもので、それも生活に密着します。例えばダイヤモンドがトレてしまったり、傷が目立ったきたり、汚れてきたり、定期的にメンテナンスが必要になります。

アフターフォローが無料で受けられるサービスもあれば、有料になっている場合もあります。

基本的に、購入後のアフターサービスで値段の差がつくことは考えにくいです。アフターケアも踏まえた指輪選びを行うと、将来的にも満足いくようになるでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

失敗しない選び方!結婚指輪選びは納得いくまで試着する

 

結婚指輪選びで失敗しないコツはいくつかあります。値段は、自分たちの予算によって変わってくるため、予算が決まれば選択肢が絞られます。見ていて綺麗なデザインでも、身につけてみるとしっくり来ない場合もあります。

納得いくまで試着していくことが後悔しない選び方です。

購入後のアフターサービスは見比べると必要なものが見えてきます。将来的に必要なサービスを予測して、選びましょう。

 

まとめ

 

結婚指輪選びについてまとめました。特に値段に関しては悩みの種ですね。安くするためには素材を変更するか、プラチナやゴールドでも合金に近いものを選ぶとよいでしょう。

また、結婚指輪を買う場所によっても値段は差が出ます。ジュエリー等の専門ブランドやハイブランドと比べると、結婚指輪専門ブランドのほうが3万円程度安い場合もあります。

ブランドを気にしなければ、品質はそのままでさらに安い指輪を手に入れることができます。

一生モノのアイテムですので、ふたりで話し合って納得いく指輪を選んでください。