【妻編】結婚指輪をなくした、、、さてどうする!?

お悩み相談


結婚指輪は、夫婦になった二人にとって特別なものですよね。でも、そんな特別な指輪をなくしてしまった……と妻から打ち明けられました。

さて、あなたはどうしますか?

今回は、妻が結婚指輪をなくした後に、どうしたらいいのかを考えます。

 


まずは落ち着いて事情を聞く

 

女性が大切な結婚指輪を外すときは、汚れや傷を気にするためです。例えば、汚れが酷いところを掃除する場合や硬いものとぶつかりそうな箇所に手を入れる時、変色などを気にして温泉やお風呂に入る時など、外すでしょう。

失くしたことだけを切り取って見てしまうと怒りや戸惑いもあると思います。しかし、怒鳴ることや威圧的に詰め寄ることは厳禁です。

まずは、冷静に妻の話を聞いてみませんか。大切な結婚指輪をなくすことは故意ではありません。冷静に話を聞いたあとは、正直に打ち明けてくれたことに感謝しましょう。

そして、結婚指輪を探すか、代わりの指輪を購入するかなど、今後のことを二人で考えましょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

二人で探してみる!一人で探すより見つかる場合も

 

一人で探しても見つからなかった指輪が、二人で探したら見つかる場合もあります。これは、失くした場所に対して、固定観念にとらわれて、視野を広げにくくなることが考えられます。

そこで、客観的な視野を持てる当事者以外の方が探すことにより、見つかる可能性が高まるのです。

思い当たるところを二人で考えながら、探してみましょう。

汚れや傷を気にする人は、家事を行う前や子供と公園に行った時に外すことも考えられるので、水回りやカバンを探してみてください。

 

ゼクシィ

探し方を工夫すると見つかる可能性も

 

二人で探し始めるときに、闇雲に探すのではなく、リストアップすることにしましょう。それも細かくリストアップすると良いです。そして、見つからなかったところを消していきながら進めていくと、何度も同じ箇所を探さずに済みます。

また、消された一覧を眺めていると新しい場所も思い浮かびます。

失くしがちな場所を中心に、範囲を広げながら探しましょう。

 

もし、見つからなかったら?代わりの指輪を購入する

 

二人で何日も探してどこにも見つからない場合は、一旦諦めるしかないでしょう。

失くした場合の指輪の買い直しするという意見も多く、新しい結婚指輪を買っても良いかもしれません。もとのメーカーへ足を運び、同じ型と一緒のものが作れたら、丸く収まるかもしれませんね。

もし、ペアリングやハンドメイドで世界でひとつしかない指輪の場合は、難しいでしょう。

どうしても、お揃いの指輪をしたい人は二人で合わせて作り直すしかないかもしれませんね。その場合、二人にとっては指輪の買い替えになります。何かしらの記念日と合わせて、夫婦ふたりで新調すれば絆はさらに深まるかもしれません。

探すのを止めた途端に出てくる場合もあるので、高額な指輪にするかは、話し合ってください。

結婚指輪が出てきたら、新しく購入した指輪を夫婦でデートするときなどに使用してくださいね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

まとめ

 

今回は、妻が結婚指輪をなくした後にどうしたらいいのか紹介しました。基本的には探すところからスタートします。その際に、怒らずに冷静になって考えましょう。

探す場所をリストアップ化し、見つからなかったら消していく方法を行えば、何度も同じところを見つけずに済みます。

もし失くしてからしばらくしても出てこない場合は、結婚指輪を買い直しをするというのもひとつの方法です。どういった指輪を買い直すのか。値段はどうするのかなど、しっかりと話し合ってください。

結婚指輪はお互いにとってとても大切なものです。じっくりと話し合いながら、探すのも買い直すのも決めると良いでしょう。