結婚指輪の相場は二人でどれくらいか?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚を控え、あわただしい中で結婚指輪を購入する人も多いと思いますが、きちんとした相場がわかっていなくて、高すぎる、逆に安すぎるものを購入して後々悔いが残る、なんてことも少なくありません。ここでは、結婚指輪の相場は二人でどれくらいか考えてみましょう。

 


■結婚指輪の相場は二人でどれくらい?

 

入籍だけで済ます、あるいは、結婚式はしばらく経ってから、というカップル以外、結婚式の準備に追われながらあわただしいスケジュールの中で結婚指輪を購入することが多いですよね。

 

そんな中での失敗が、結婚指輪の相場をきちんと把握していなかったために、相場より高すぎる、逆に安すぎる結婚指輪を購入してしまい、後々悔いが残ってしまった、というもの。金額と質に納得しているのであればいいのですが、そういうケースでは「質のわりに高すぎる」「質が悪い安物」ということが少なくありません。

一生モノの結婚指輪だからこそ、後悔しないものを!お買い物前に参考にしてみてくださいね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■結婚指輪の相場は二人でどれくらいか?をおさえておこう!

 

*相場:プラチナは25万円〜30万円が最多購入価格帯

 

「結婚指輪といえばプラチナ」と認識されているほど、もっとも多くの人が買い求めるのがプラチナの結婚指輪。そのプラチナの価格相場は、25万〜30万円になっています。質がよく、飽きのこないデザインながらもセンスが感じられる結婚指輪を購入したいのであれば、同価格帯を目安に探すとよいでしょう。

総合結婚情報誌「ゼクシィ」でも、25万〜30万円をプラチナ結婚指輪の価格相場として掲載しています。失敗が少ない結婚指輪選びができる価格帯ともいえますね。

価格の幅があるのは、日本や外資系のブランドによって平均価格帯が異なることが大きな理由です。国内ブランドの既製品だと大体ほぼ25万円までで購入でき、外資系ブランドになると約30万円、あるいは少し越える高額の傾向があります。

 

*相場:ホワイト・イエロー・ピンク各ゴールドは20万円前後

 

プラチナより、ややお手ごろなのが、ここ数年で人気急上昇のホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドの結婚指輪です。最多購入価格帯は15万〜25万円で、平均すると20万円前後がもっとも購入される価格になっています。

プラチナと比較すると5万〜10万円ほどリーズナブルに購入可能なので、日本でも人気が定着しだしたことに加え、節約したい、あるいはそこまで収入が安定していない理由で若いカップルが選ぶ傾向があります。
総合結婚情報誌「ゼクシィ」でも、ゴールドの結婚指輪の価格相場を15万〜25万円で掲載していることが多いです。目安価格帯として考えてみてくださいね。