既製品とオーダーメイドの結婚指輪の費用の差は?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚の記念でもあり、一生モノとしてたいせつに身につけたい結婚指輪。購入の際、選択肢となってくるのが既製品を選ぶか、オーダーメイドにするかです。では、どのくらいの価格差があるのでしょうか?ここでは、既製品とオーダーメイドの結婚指輪の費用の差をご紹介します。

 


■はじめに

 

結婚の記念の品としても、たいせつに身につけたい一生モノとしても、こだわりたい結婚指輪。プラチナが定番でしたが、最近ではホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドやチタンなど、さまざまな素材が展開していることに加え、デザインのバリエーションも豊富です。

そんな中、まず最初の選択肢として、既製品とオーダーメイドのどちらかを選ぶ人が増えています。憧れブランドの既製品もステキだし、デザインから自分たちの好みが反映できるオーダーメイドもいいですよね。
でも、どのくらいの費用の差があるのでしょうか?気になるポイントをピックアップしてみました!

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■既製品とオーダーメイドの結婚指輪の費用の差をおさえておこう!

 

*【既製品】最多購入価格帯は、定番のプラチナで25万〜30万円

 

 

一般的に既製品の結婚指輪とは、完成されたデザインからサイズを選ぶものをさします。昔から定番の購入方法といってもいいですね。

その既製品の結婚指輪の最多購入価格帯は、25万〜30万円になっています。定番のプラチナの結婚指輪で良質なものがこの価格帯で出回っていることが多く、総合結婚情報誌「ゼクシィ」もプラチナ結婚指輪の平均価格を25万〜30万円と発表しています。目安として覚えておくと迷いませんよ!

ただし、既製品の最多購入価格帯はあくまでも平均で、実際に購入したカップルの購入価格を細かくみていくとかなりの幅があることも特徴です。

日本製のシンプルなデザインであれば10万円台前半から用意されていることが多く、手の込んだデザインになるほど価格があがります。また、外資系ブランドは価格が30万円前後になることも既製品の傾向です。
加えて、素材がゴールドになると5万〜10万円ほど安く購入できます。最多購入価格帯をふまえながら、自分たちにピッタリの結婚指輪を探してみてくださいね。

 

*【オーダーメイド】最多購入価格帯は、およそ28万〜30万円

 

 

多様化の影響から、人気にますます拍車がかかっているのがオーダーメイドの結婚指輪です。デザインから自分たちの好みが反映でき、完全にオリジナルの結婚指輪がつくれる制作過程は、価格以上の価値があると捉えられています。

そんなオーダーメイドの結婚指輪の最多購入価格帯は、およそ28万〜30万円。既製品の外資系ブランドとほぼ変わらない価格で手に入れることができます。

総合結婚情報誌「ゼクシィ」でも平均価格28万円と発表されているので、大体このくらいの金額を目安に検討してみてくださいね。

 

結婚指輪の相場まとめ記事も要チェック

結婚指輪の相場まとめ