結婚指輪の相場はお二人でどれくらい?(20代編)

結婚指輪準備ガイド


 

婚約指輪の相場は一昔前まで「給料の3ヶ月分」と言われていましたが、具体的な相場がわかりづらい結婚指輪。実際に購入したカップルは、みんなどの程度の価格の結婚指輪を選んでいるのでしょうか?ここでは、結婚指輪の相場はお二人でどれくらい?(20代編)をご紹介します。

 

 


■結婚指輪の相場は?

 

婚約指輪について、現在では新婚旅行や新婚生活などのように、ふたりのためにお金をかける傾向が強く、「給料の3ヶ月分」はお金をかけたいと言われている婚約指輪。

 

対する結婚指輪は?というと、実際にどの程度の価格が相場なのか、イマイチわかりづらいですよね。では、実際に購入したカップルは、みんなどの程度の価格の結婚指輪を選んでいるのでしょうか?

 

今回は「20代編」と題して、20代のカップルの価格相場をピックアップ!まだ若く、給料もそこまで安定していない世代のため、堅実な結果になりました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■結婚指輪の相場はお二人でどれくらい?(20代編)

 

*相場:10万〜20万円が最多購入価格帯

 

プラチナの結婚指輪の全世代平均価格相場は、一般的に25万〜30万円といわれており、この価格帯を目安に予算を見積もるカップルも多いのではないでしょうか。

ところが、世代別に細かく見ていくと、思った以上に購入価格に開きがあることがわかりました。

実際に20代のカップルだけに絞ってみると、最多購入価格帯は10万〜20万円という結果に。約半数を同価格帯が占めており、全世代平均と大きな開きがあることが特徴です。

この理由は、冒頭で少しご紹介した通り、まだ給料が安定していないことや、時代の流れの移り変わりで、新婚旅行や新婚生活など、婚約指輪と同様にふたりのためにお金をかける傾向が強い世代である、というふたつのポイントがあげられます。

また、この世代のもうひとつの特徴は、昨今人気のホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドの結婚指輪を選ぶ人が増えていること。プラチナより価格もリーズナブルなので購入しやすく、人とはちょっと違った個性を演出できるメリットもあります。20代のカップルはチェックしてみるといいかも。

ただし、カップルによって購入価格が変わってくることも20代ならでは。20代の最多購入価格帯の10万〜20万円に続き、4分の1が全世代平均に近い20万〜30万円と回答していることにも注目です。

 

結婚指輪の相場まとめ記事も要チェック

結婚指輪の相場まとめ