ホワイトゴールドとプラチナの結婚指輪の違いとは?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚指輪の定番的素材として日本では圧倒的な人気を誇るプラチナに対し、ますます指名買いが増えてきたホワイトゴールド。いずれも見た目は白い輝きですが、どんな違いがあるのでしょうか?ここでは、ホワイトゴールドとプラチナの結婚指輪の違いをご紹介します。

 


■はじめに

 

古くから「結婚指輪といえばプラチナ」と定評があり、日本人の多くが選ぶプラチナ。対して、欧米で人気が高いホワイトゴールドは、ここ最近、日本でも評価が高まり、プラチナとは違う魅力に惹かれたカップルが手にするようになりました。

とはいえ、どちらもパッと見は同じような色味や輝きに見えるし、違いがわかりにくいともいえますよね。
そんなホワイトゴールドとプラチナの結婚指輪の違いを覚えて、どちらが自分たちに合うのかで決めてみては?まずはそれぞれの特徴をチェック!

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■ホワイトゴールドとプラチナの結婚指輪の違いを覚えておこう!

 

*【色味】プラチナより黄色みがかった色合いのホワイトゴールド

 

ホワイトゴールドとプラチナは、遠目で見るとまったく同じ色味や輝きにうつりますが、それぞれでまったく違う個性をもっています。

プラチナよりやや黄色みがかった色合いなのがホワイトゴールド。あたたかみのある白ともいわれています。対するプラチナは純白に近い白。どちらかといえば青みがかっており、クリアな色味が特徴です。

日本で昔からプラチナの人気が高い理由として、日本における「婚約・結婚」には「純白・純粋」というイメージが根強いから、と言われています。一方、最近ではこうしたイメージにとらわれず、自分たちの肌色に合う、指を綺麗に見せてくれるカラーで決める人が増えたことに加え、欧米でのホワイトゴールド人気に感化されたことが、ホワイトゴールドの指名買いを増やした要因と言えるでしょう。

 

*【安定性】プラチナより変化しやすいホワイトゴールド

 

では、錆や変色など、素材の安定性という観点ではどうでしょうか?
抜群の安定感を誇るのは、プラチナ。錆や変色に強く、日常生活でつけたままにしておいても、温泉に入っても、色が変わってくるということが少ないです。

対するホワイトゴールドは、プラチナより錆や変色しやすい素材で、温泉などで変色が発生しやすいといわれています。この原因は、ゴールドが硫黄と反応するため。

また、前述の通り、色味がクリアな白ではないので、プラチナよりも個性的な結婚指輪ともいえるでしょう。年を重ねるごとに色合いの変化が味わえるので、家具や革製品と同じように楽しみたいのであればホワイトゴールドのほうがいいかもしれません。

ブランドによって配合が異なるため、同じホワイトゴールドでも色合いが違います。ホワイトゴールドは色味の幅が楽しめる素材として覚えておき、ひとつひとつ吟味し、試着を繰り返しながら、自分たちにピッタリの結婚指輪を選ぶことがおすすめです。