カラーのお悩み…結婚指輪の人気色は?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚指輪を探すとき、ブランドやデザイン、ダイヤのカラット数に1番に目が行く人が多いのではないでしょうか?さまざまなブランドやデザインがある中、指輪の色までなかなか一度に決められないですよね。そんな悩みを持たれている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 


結婚指輪の色はプラチナ、ゴールドだけじゃない!

 

結婚指輪は主にプラチナ、ゴールドの2色が多いようですが、そのほかにも、細かく分けると5種類以上の色があります。プラチナ独自の白銀色はもちろん、ゴールドの中でもホワイトゴールド、ピンクゴールド、イエローゴールドがあり、何が一番自分に似合うのか悩みますよね。また、色によっては傷がつきやすかったり、変色しやすかったりするものもあるため、見極めが大切です。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

それぞれの色の特性と選び方

 

結婚指輪といえば、プラチナ、ゴールドの2色でまず悩みますよね。人気なのは、プラチナの白銀色です。プラチナの素材自体の色が白いため、メッキがはがれても色があまり変わらないのが特徴で、お店でもよくすすめられているようです。ゴールドは硬い素材ならではの、キラキラした表面の輝きが特徴です。変色はあるものの、自然に変色することはほとんどありません。金の純度が高い順に種類があり、金の純度100%の場合は、ぶつけた際、えぐられたような傷ができやすいので注意が必要です。

 

ゼクシィ

日常的に使うものだから慎重に選びたい!

 

プラチナと同じ白い輝きを放つホワイトゴールドはゴールドの中でも人気の色です。ただし、ゴールドにホワイトシルバーの色を加工しているので、メッキがはがれた際、地色が出てくることがあります。金の純度や製法で強度などが変わるため、お店で確認してみるとよいでしょう。かわいらしい色が人気のピンクゴールドは、その可愛らしい色から、結婚指輪として選ぶのは若い人が多いようです。ゴールドに銅を混ぜてピンク色にしているので、汗や硫黄に反応して変色しやすいのが悩み。購入の際は、使用される銅の比率の確認をすることも大切です。

素材や色の特性を知れば知るほど悩みは尽きないかと思いますが、購入前にきちんと確認することで、後悔のない、一生物の指輪選びができるのではないでしょうか。ぜひこの機会に参考にしてみてください。