プロポーズ前?プロポーズ後?婚約指輪を渡すタイミングは?

お悩み相談


婚約指輪を渡すタイミングはいつが最適なのでしょうか。プロポーズをする時に指輪を渡すイメージが強いですね。婚約者が喜ぶようなデザインの指輪を用意し一大決心をして伝えるため、プロポーズは人生における一大イベントと言っても過言ではありません。

しかし、婚約指輪をプロポーズ時に贈らないという意見もあります。婚約指輪は贈らずに他の記念品を贈るという方。プロポーズの後に一緒に指輪を見に行くという方もいますね。

本記事では、プロポーズ前と後で指輪を渡すタイミングのメリット・デメリットについて考察していきます。

ベストなタイミングで婚約指輪を贈りましょう。

 


プロポーズ前に指輪を渡すメリット・デメリット

 

まず、プロポーズの前に指輪を渡すメリットとデメリットについて考えていきましょう。プロポーズは、人生の一大イベントです。指輪を渡すタイミングを決めるためにも、知っておきたいですね。

 

メリット

 

婚約指輪をプロポーズ前に渡す場合のメリットは、サプライズ演出ができることです。彼女の驚きと嬉しさの表情を独占できるというのは、男性にとって至福の時間です。

さらに贈る側としての決心も強くなりがちです。婚約指輪を作る場合、結婚指輪以上の相場であることもしばしばです。そのため、先に婚約指輪を用意する場合、生半可な気持ちではできません。

その強い意志が伝わり、まだ結婚の気持ちが固まっていない彼女も影響され、思わずプロポーズを受けてしまう可能性が高まります。びっくりして、気持ちが舞い上がってOKを貰えることもあるでしょう。

 

デメリット

 

デメリットは、プロポーズを断られてしまった場合に、婚約指輪の費用が無駄になってしまう可能性もあります。もちろん、一度断られただけでめげてしまっては駄目です。再度チャレンジする時があるため、その際に活用するという方法もあります。

さらに、事前にやるべきことも増えます。例えば、事前に彼女の指のサイズを調べておく必要があります。さらに、好みのデザインやどのタイプの婚約指輪が彼女の指にピッタリなのかも、把握しておく必要があるでしょう。

もし、サイズが合わなかったり、デザインが合わなかったりすると、小言を言われる可能性も増えます。

もし、プロポーズ前に婚約指輪を渡したい場合は、下調べをすることが苦にならず、サプライズを行うことが好きな方、もしくはサービス精神が旺盛な方におすすめです。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

プロポーズ後に婚約指輪を渡すメリット・デメリット

 

次に、プロポーズの後に婚約指輪を渡すメリットやデメリットを知っておきましょう。今の御時世、プロポーズ時に婚約指輪を用意せず、後に作りに行くという方や、そもそも渡さないという方もいるはずです。

それらも踏まえて、メリットやデメリットを知っておきましょう。

 

メリット

 

プロポーズ後に指輪を渡すメリットは、残念ながら彼女にプロポーズを受けてもらえなかった場合、指輪を買う必要がなく無駄な出費をしなくて済むことです。

金銭の問題ではないかもしれませんが、切実なことと言えます。また、受けてもらえた場合には、ふたりで一緒に指輪のお店に行き、彼女の指のサイズ、好みに沿った指輪を選ぶことができます。

仲良く選ぶ時間もデートになるため、楽しい思い出になるでしょう。

また、婚約指輪を必要としない女性も少なからずいます。結婚式や新婚旅行、新生活に向けてこれから出費が増えるので、そちらにお金を回したいという考えも分かりますよね。

婚約指輪が欲しがっていると勝手に思い込むのは危険です。堅実に進めていくためには、ふたりで話し合ってみるのもひとつでしょう。

 

デメリット

 

婚約指輪をプロポーズの後に渡す場合のデメリットは、サプライズ度が減ることです。

それと、男性側の憧れとも言えますが、【ダイヤの婚約指輪+プロポーズ】ができない点です。憧れのシチュエーションで婚約指輪を渡せなかった場合、男友達と話題になった時に、見栄を張れなくなる可能性も考えられます。気にしないという方なら良いのですが、比較されてしまう場合は、後々後悔する場合もあるでしょう。

以上を踏まえて、プロポーズ後に婚約指輪を渡すのは、失敗をしたくない慎重派の男性におすすめです。

 

ゼクシィ

結局どちらが良いの?プロポーズ前と後、指輪を渡すタイミング

 

プロポーズ前と後で指輪を渡すタイミングのメリット・デメリットについて調べてきましたが、結局どちらが良いのでしょうか。

それは、その人の性格や趣味趣向によって異なるので一概にどちらが良いか、断言することはできません。サプライズ好きな女性も然り、慎重派な女性もいるでしょう。

また指輪を渡すタイミング、プロポーズ前と後どちらにするか考える上で、彼女の事を観察し調べることは、もっと彼女をよく知ることができるいい機会ではないでしょうか。

男性にとって自分のエゴを押し通したいという方もいるとは思いますが、結婚後の生活を長期的に考えていく場合には、ふたりで相談しあって決めていくのも良いでしょう。

どういった夫婦関係を作っていくかも関わってきます。お互いの正確を鑑みて、どのタイミングで婚約指輪を渡すのが良いかを決めましょう。

 

婚約指輪を渡さない場合は何を渡す?!

 

婚約指輪を渡すタイミングについて、プロポーズの前か後かのメリット・デメリットを考察してきました。

もし婚約指輪を渡さない場合は、代わりに何を渡すことが一般的なのでしょうか。

指輪の代わりにアクセサリーを選ぶ方が多いです。ピアスやイヤリング、ネックレスなど、彼女が普段から身につけるようなアイテムが選ばれやすいです。その他、バッグやお財布も人気のあるアイテムです。

実用品ではなく、オブジェやお花を選ぶ方もいるようで、どんなものでも基本的には喜んでもらえるでしょう。

また、モノはいらないから、冷蔵庫や洗濯機、引っ越し費用に充てるなど、将来の生活を考えて選ぶという方もいらっしゃいます。どのような方針で購入するかも決めると良いでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

まとめ

 

婚約指輪の渡すタイミングについて、一番イメージにあるのは、プロポーズ時です。しかし、昔は一般的だったとしても、今では違うということもあり、現代に生きる人の中には、婚約指輪を渡すタイミングとして、プロポーズ時にこだわってない方もいるようです。

プロポーズは、男性にとっても女性にとっても、人生における一大イベントであることは間違いありません。一生の思い出に残るように、サプライズを行いたいという気持ちもあるでしょう。

場合によっては、プロポーズ後の方が良かったと思っている人もいるはずです。お互いよく話し合って、ベストなタイミングを見つけ出しましょう。