金属アレルギーのある方向けの結婚指輪の選び方

お悩み相談


 

「結婚指輪をつけたい!」と希望する人は特に女性を中心に多いですが、金属アレルギーのせいで指輪がつけられないという悩みも多く聞かれます。そんな悩みをもつ人はどうしたらいいのでしょうか?ここでは、金属アレルギーがある方向けの結婚指輪の選び方をご紹介します。

 


■はじめに

 

「結婚したら結婚指輪をつけたい!」という希望は、特に女性を中心に抱く想い。一生モノだからこそ、デザインや素材、ブランドなど、すべてにこだわりたい!と考える人も少なくありません。

ところが、金属アレルギーのある人にとっては「金属アレルギーのせいで指輪がつけられない」という悩みが。アレルギーをもっているからといって、あきらめるのはとても残念ですよね。

そこで、金属アレルギーのある方々が結婚指輪を選ぶには、どんなポイントに注意したらいいのか?をピックアップしてみました。ぜひ購入時の参考にしてみてください!

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■金属アレルギーがある方の結婚指輪の選び方を覚えておこう!

 

*【原因・対策】金属アレルギーとは一体どういうものか?

 

金属アレルギーとは、指の汗などで溶け出しイオン化した金属が体内に取り込まれ、体内のたんぱく質と結合してアレルギーの原因となる物質が発生し、引き起こされる状態。かゆみやかぶれなどの症状があらわれることでわかります。実は人によって「どの金属に対して金属アレルギーを起こすのか?」が異なり、ここがもっとも重要なポイントとなります。

たとえば、プラチナの結婚指輪を身につけると金属アレルギー反応が起こる人でも、ホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドの結婚指輪には反応を起こさず、ずっと身につけられることもあります。反対に、ホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドを身につけたときにアレルギーが起こる人が、プラチナであれば起こらないというケースもあるのです。

このように「すべての人に金属アレルギーが起こらない素材はこれ!」というものはなく、ひとりひとりでアレルギー反応を起こす素材が違うため、試着を繰り返すことが必須になります。

また、皮膚科でアレルギーテストを実施しているので、検査を受けることもおすすめします。自分がどの素材にアレルギー反応を起こすのかわかるので、比較的安心して結婚指輪選びができるはずですよ!

もちろん、アレルギーテストで「この素材にはアレルギー反応が起こりにくい」という結果が出ても、必ず繰り返し試着することは忘れないでくださいね!

 

*【素材】比較的アレルギーが少ないのは、チタン・プラチナ

 

金属アレルギーが起こりやすい素材は人によって違う、という大前提の上で、比較的アレルギーを起こす人が少ないと言われているのがプラチナです。逆に、プラチナにアレルギー反応を起こす人は、ホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドならアレルギーが少ないといわれています。

また、プラチナ以上に金属アレルギーが少ないのがチタンです。ただし、レアメタルに反応する人はチタンだとむしろアレルギーを起こしてしまうので、避けたほうがよいでしょう。