プラチナの純度って?結婚指輪の豆知識

結婚指輪準備ガイド


 

結婚指輪として人気の高いプラチナですが、購入する際、プラチナの純度まで詳しく調べている人はなかなかいないのではないでしょうか?純度によっては、マイナス面もあるプラチナ。プラチナリングの購入を考えている人は、ぜひ、この記事を参考にして、身に着ける用途に合った純度を選んでみてください。

 


プラチナの純度は何を表しているのか?

 

結婚指輪の素材として、最もよく使われるプラチナ。プラチナの純度の表記は、製品にプラチナがどれくらいの量が含まれているかを表しています。純度の表記は、大きく分けるとPt900・Pt950・Pt1000の3種類。本来、純度100%のプラチナはなかなかなく、99.95%が限界です。Pt1000はプラチナ100%を表していますが、実際は99.9%の純度です。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

純度の違いで、変わる特徴

 

一見、純度が最も高いPt1000がよいように見えますが、Pt1000のプラチナは結婚指輪に使われることはあまりありません。その理由は、2つあります。1つ目は強度が弱いこと。2つ目は色が黒いことです。そのため、ほかの金属を混ぜて強度を強くし、より白色の金属にするため、パラジウムのような白い金属を混ぜた、Pt900やPt950が使われているのです。

 

ゼクシィ

Pt900とPt950の主な違い

 

ティファニーやカルティエなど海外ブランドの結婚指輪にはプラチナPt950がよく使われています。それには、プラチナのジュエリーはPt950以上にするようにと海外で法律があるからです。では、Pt900とPt950、どちらの純度のほうがよいかというと、そこまで大差があるわけではありません。主な違いは、Pt900に比べてPt950のほうが少し重いため、指輪を作るコストが多くかかるということです。女性の結婚指輪はプラチナ5グラム位を使用するため、金額に表すと、5000円~10000円位になります。

今まで、純度なんて気にしたことなんてないという人も、興味を持ってもらえたのではないでしょうか。結婚指輪はこれから常に身に着けていくもの。プラチナの純度の違いを知って、自分の用途に最も合うプラチナリングを見つけてみてください。