プラチナの結婚指輪に傷が!対処方法は?

結婚指輪アフターフォロー


 

いろいろ吟味して気に入って決めたプラチナの結婚指輪。ある日ふと気付くと傷が、なんてことも。もちろん毎日身に着けているので多少の傷がつくのはわかっていると思いますが、そんなときの対処方法を紹介していきます。

 


プラチナの結婚指輪、傷がつくの?

 

純度の高いプラチナはやわらかでしなやかな金属なので、どうしても小さい傷がつきやすいです。そのため、強度を高めるためにパラジウムなどを混ぜ合金になっているのがほとんどです。しかし、結婚指輪は毎日身に着けるものなので多少の汚れや傷は仕方ないといるでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

傷がつきやすい場面は?どんなことに気をつければいい?

 

結婚指輪は毎日身に着けるものです。傷がつきやすい場面として、日常生活では、料理のときにお皿や固いお鍋を扱うときが挙げられます。またゴツゴツした岩場をつかむ登山やアウトドアのときでも注意が必要です。男性では、固い工具や金具を扱うような仕事をしている方は傷がつきやすく、変形も起きやすくなります。同じプラチナでも、合金の割合や製造過程を考慮して選ぶことも大切でしょう。

 

ゼクシィ

プラチナの結婚指輪に傷がついたとき、どうすればよい?

 

大切に扱っていても結婚指輪は、毎日身に着けるものなのでどうしても傷がついてしまうでしょう。そんなときの対処方法を紹介します。「磨き直し」というものがあり、ほとんどのジュエリーショップでしてもらえます。購入したお店でなくても請け負ってくれます。また用意するもの、気をつけないといけないポイントに注意すれば、少しの傷の場合、自分でケアすることもできます。

結婚指輪は毎日身に着けるものなので、残念ですが多少の傷や汚れはつきものです。しかし定期的にメンテナンスや修理をすることで、長期間きれいに使うことができるでしょう。