結婚指輪のお金を割り勘で…今の時代は有り?無し?

お悩み相談


結婚指輪を購入する場合、全額旦那さん持ちなのでしょうか。それとも、均等ではないにしろ、男性側の方が多く負担するイメージがあります。ふたりが着用する結婚指輪なのだから、支払うお金も割り勘にすべきといった、新常識も聞いたことがあります。

「えっ?!割り勘にするの?」

と、男性側が多く支払ったカップルからしたら驚きかもしれません。今回は、結婚指輪の割り勘事情についてご紹介します。

 


増加中の結婚指輪割り勘払いスタイル

 

結婚指輪は男性からのプレゼントとして贈られたいと考える女性から、時代の流れとともに「割り勘がいい」と考える女性も増えています。結婚において、男性側がお金の負担を多く担う時代は縮小ぎみで、男女ともに結婚資金を負担し合う傾向が増加しています。

中でも、男女ともに用意する結婚指輪において、支払いを男女で分割するカップルが増加しています。婚約指輪は男性からのプレゼントがいいけれど、結婚指輪はふたりで歩んでいく人生だからお互いに負担したいという理屈。まだ、割り勘スタイルの意見は4人に1人くらいと、大多数になっているわけではありませんが、考慮できる数字といえます。

また、男性からプレゼントされるより、自分自身で好きなものを選びたいという理由から、割り勘にして、自由に選びたいという意見も。

どちらにせよ、結婚指輪の選択権に関しては、男性より女性の方が強いと考えられますね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

割り勘にもパターンがある?1

 

結婚指輪の割り勘支払いには、いくつかのパターンがあります。きっちり支払い金額を割り勘するパターンもあれば、受注時の一時金のみを女性が払うパターン、男性が少し多めに支払うパターンなど、均等に割り勘というわけでなく、男性の方が多く負担しているイメージがあります。

逆もあります。今では、男性より女性の方が収入が上というカップルも存在します。そのため、女性の方が多く支払うパターンもあります。

やはり、支払いにおいては女性が力を持っている。女性が選ばないにしても、男性から女性に選択権を委ねるというパターンが多いです。

カップルによって結婚指輪の支払いパターンは、様々あり、それぞれの考え方がしっかりしているのが驚きです。

 

ゼクシィ

相手にぴったりな結婚指輪をプレゼントする楽しみ方

 

結婚指輪の割り勘スタイルをより魅力的に演出する方法もあります。それは、お互いのイメージにぴったりな結婚指輪を選び合い、相手にプレゼントするパターンです。結婚指輪だからといって、ペアリングや同じデザインのリングである必要はありません。

お互いが相手のことを思って選んだ結婚指輪に価値をつけるという考え方も素敵ですね。どちらかというと、男性の方が結婚指輪にはこだわりが薄いように感じます。愛する人が選んだものという価値をつければ、自分のものを選んだときより、大切にしそうな気がします。

 

「プレゼントされたい」と「割り勘にしたい」はおおよそ半々

 

結婚指輪は男性からプレゼントされたいと考えている人と均等でないにしてもお互いが負担したい(割り勘にしたい)というカップルを比較すると、プレゼントされたいという考えを持っている人の方が多いです。しかし、その考えの差も縮まってきました。近い将来、プレゼントされたいと考える人が少数派になってしまうかもしれませんね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

まとめ

 

結婚指輪にかかるお金を割り勘にするスタイルは、現代のカップルにとって新常識になりつつあります。女性は特に結婚指輪を、とことんこだわって選びたいものです。プレゼントや男性が多く負担するより、自分もしっかり負担するから、気兼ねなく気に入ったデザインの指輪を選びたいと考える人が増えてきています。

一生に一度の買い物になる可能性のある結婚指輪は、割り勘スタイルでの支払いもいいかも知れませんね。