結婚指輪のダイヤが取れることはある?

結婚指輪の豆知識


 

美しく輝くダイヤの結婚指輪を身に着けることは、女性の憧れでもあります。ダイヤの指輪は、どんな時に取れるのでしょうか。万が一取れてしまったときの対処法は?そんな疑問についてまとめました。

 

 


ダイヤの取れやすさと素材の関係

 

結婚指輪の素材には様々なものがあり、その中でも変色しにくく、加工しやすい、などの利点から、プラチナやゴールドが定番素材です。しかし、純度の高いプラチナやゴールドの結婚指輪になると、デザインがしやすいという反面、柔らかい素材のため変形しやダイヤが取れやすくなるでしょう。そのため、プラチナやゴールドに他の金属を混ぜた合金にし、硬度を増してあります。ダイヤの取れやすさが心配であれば、強度が高いピンクゴールドを選ぶと良いでしょう。

 

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

ダイヤが取れてしまう原因

 

結婚指輪のツメに支えられているデザインのダイヤモンドは、取れにくそうなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。ところが、ツメにかかる負担が原因でダイヤが取れてしまうということがあります。そのため、日常の中でツメの部分に力や衝撃を与えないよう、注意が必要です。

 

 

ゼクシィ

ダイヤが取れてしまったら

 

注意していても、もしダイヤが取れてしまった場合、取れた石を紛失しないようにしてください。購入した店舗に持っていけば、修理してもらえるでしょう。しかし、気づかないうちに取れてしまっていて、ダイヤをなくしてしまう、ということも少なくないようです。ダイヤをなくしてしまっても、新しいダイヤをはめ込んで、修理してくれますが、店舗によって料金や保証の内容が違います。購入時にはそういった「もしも」のときのために、保証内容やアフターサービスについて確認しておくことも大切です。

 

ふたりの大切な愛の証である結婚指輪です。ダイヤが取れてしまって落ち込んでしまわないよう、ダイヤがぐらついていないか、歪みはないかなど日頃からチェックし、負担をかけないよう丁寧に取り扱うことが大切でしょう。