ダイヤの結婚指輪が汚れた場合の落とし方は?

結婚指輪アフターフォロー


 

永遠の愛を誓う形の結婚指輪。結婚した人はいつもつけていますか?つけない人もいますが、家事をするときは外す人、いつも必ずつけている人など様々ですね。そこで気になるのが、指輪やダイヤのくすみ。毎日の積み重ねで汚れてしまったダイヤをきれいにする方法をまとめました。

 

 


ずっと身に付けていると汚れが気になるダイヤの結婚指輪。普段ははめないほうがよい?

 

アクセサリーも、結婚指輪も、毎日ずっと身に付け続けていると、少しずつ皮脂などの汚れや傷もついてきます。結婚指輪に多く用いられるダイヤは、親油性が高く、油はより結びつきやすく、水となじみにくいのが特徴です。拭き取るだけでは、油脂を広げるだけになるので、ほんのひと手間かけてお手入れすることをおすすめします。毎日のことなので、普段、汚れるのが気になる人は、外出時だけ付ける、家事、入浴では外すなど、習慣がつけば結婚指輪のダイヤのためにはよいでしょう。

 

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

ダイヤの結婚指輪をきれいに保つために自分でできるお手入れ

 

普段の生活で、皮脂がつき、その上に汚れやほこりが付着してしまうと、ダイヤの輝きが失われてしまいます。結婚指輪を購入したお店で、メンテナンスやお手入れがしてもらえる店舗もあるようですが、自宅でも簡単にダイヤモンドの皮脂汚れを落とすことも可能。
用意する道具は
・台所用中性洗剤
・柔らかい磨くブラシ(歯ブラシなど)
・容器二つ(洗剤で洗う用とすす用)
・タオル

 

 

ゼクシィ

お手入れを実際にしていきましょう

 

始めに指輪を中性洗剤とぬるま湯で薄めた液につけておきます。ダイヤモンドの皮脂汚れが落ちやすくなるので、あらかじめ浸しておきましょう。柔らかい歯ブラシなどに中性洗剤をつけて優しく洗ってください。結婚指輪も、その他のリングも、ダイヤは裏側に、採光のための穴が開いているケースが多いので、裏側も意識して洗いましょう。リングは繊細なので容器の中で洗い、すすぐほうが安心です。きれいになったら、タオルで優しく拭き取ってください。

 

結婚した日から、形となって身に付ける結婚指輪。長い年月を共に過ごすリングなので、大切に長持ちさせたいですよね。ふと気がつくと、結婚指輪のダイヤがくすんで見える人はお手入れで、輝きを取り戻してみてください。