なぜ?プラチナの結婚指輪が多い理由とは

結婚指輪の豆知識


 

結婚指輪は、プラチナ、ゴールド、シルバー、チタンなどの素材から作られています。その中でもプラチナの結婚指輪をよく目にし、日本人の多くはプラチナを選ぶ人が多いようです。プラチナがよいといわれる理由は、どういった点からなのでしょうか。その理由について調べてみました。

 


エンゲージリングに適したプラチナの素材

 

プラチナの素材は熱に強く耐久性に優れ、酸の刺激にも強いので錆びない、という特徴があります。変色や変形などの心配がない素材は、「ふたりの変わらぬ永遠の愛」を象徴し、結婚指輪にぴったりです。また、女性は結婚指輪を付けたまま掃除や料理などの家事をし、料理の際には熱や酸性の影響を受けかねません。

結婚指輪を普段身に付けて家事をこなす女性には耐久性が高いプラチナが安心という点が、プラチナがよいとされている理由のひとつでしょう。しかし一方で、伸縮性がありやわらかいという特性もあるため、重いものを持つと歪んだり負担をかけてしまったりする可能性もあります。力を入れるような動作は避け、そのようなときにはリングを外して作業すると安心です。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

シンプルで男性にも似合う、プラチナリング

 

プラチナは採掘できる国や量に限りがあるため、その希少価値は高いです。結婚指輪は一生に一度のものなので、少し無理をしてでもふたりの愛の証に、と購入を決める人も多いのでしょう。日本人がプラチナを結婚指輪に選ぶのに対し、海外ではゴールドの指輪が多く選ばれます。プラチナの白色が日本人の肌に合う色合いで、女性だけでなく男性にも抵抗なく着けられる、ということも理由のようです。

 

ゼクシィ

プラチナが持つ上品な美しさが魅力的

 

上品な白色の輝きを持つプラチナは、ダイヤモンドと合わせてもその輝きを邪魔することなく、美しさが際立ちます。そんな美しい輝きを持っていることも、プラチナの結婚指輪を求める人が多い理由のひとつでしょう。また、粘りと柔軟性を活かし、繊細なデザインの結婚指輪を作ることが可能なプラチナは、デザインにもこだわることができ、選択の幅が広がります。長く着けているうちにサイズの変更が必要になった際にも、サイズの調節がしやすいという点もポイントです。

 

一生に一度のエンゲージリングは、ふたりの予算やデザインなどに合わせ、希望に合うものを選ばれることが大切です。ぜひ、ふたりに合うお気に入りの結婚指輪を見つけてください。