40代がつける結婚指輪の値段は?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚する二人の愛の証明である結婚指輪。みんなはどのくらい結婚指輪にお金をかけているのでしょう。今回はなかなか聞きにくい、40代カップルが結婚指輪にかけるお金事情についてご紹介します。

 


意外と低価格の10万円代

 

40代が選ぶ結婚指輪の値段は、意外と低めの10万円程度が多いです。さらに二人で10万円以下のリングを選ぶカップルもいます。これは普段使いができるシンプルなデザインを選ぶ傾向にあり、お手頃な値段のリングに決まるからです。常に身に付けたい結婚指輪だからこそ、あまり高価なものでなく、気軽に身に付けられる手頃な値段のものが好まれています。一方で、エンゲージリングは高価なものを選ぶカップルが多いようです。特別な日に身に付けるリングは、40代の大人にふさわしいエレガントなデザインのものが選ばれています。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

自分に似合うデザインを選ぶと20万円代

 

40代では自分の好みが確立しているので、結婚指輪を好みのブランドやデザインで選ぶと20万円代程度にはなります。さらに40代が身に付けて似合うリングには、ボリューム感が必要なので、少し値段がかかってしまうのが現状です。一生に一度だけの結婚指輪は、妥協せず二人が納得したものを選びましょう。

 

ゼクシィ

今でもイメージが強い、給料3か月分の50万円超

 

「結婚指輪は、給料3か月分」というフレーズに馴染みのある40代。現在では少数派ですが50万円以上かけた結婚指輪を購入することもあるそうです。また人生経験が豊富な40代カップルは、好みが洗練されており、結果的に50万円以上になってしまったという声も聞かれます。また挙式にお金をかけないカップルは、形に残る結婚指輪には、お金をかけようと考えるそうです。

40代が付ける結婚指輪は、お手頃な値段が好まれるようです。一生大切にしたいものだからこそ、妥協はしたくない結婚指輪。ぜひ二人が納得できる、素敵なリングを見つけてください。

 

結婚指輪の相場まとめ記事も要チェック

結婚指輪の相場まとめ