結婚指輪の相場 30代後半編

結婚指輪のサイズ直しの期間は?短くなる条件や断られる場合も?

結婚指輪準備ガイド


 


結婚指輪は結婚したら必ず身につけたい!という人が多いですよね。外資系ブランドやオーダーメイドなど、ますます選択肢も増えており、選ぶ楽しみも味わえますよね。でも、どの程度の価格を見積もっておけばいいのでしょうか?ここでは、結婚指輪の相場(30代後半編)をご紹介します。

 


■結婚指輪の相場は?


婚約指輪と比較すると、相場を把握している人が多くないといわれる結婚指輪。婚約指輪といえば、一昔前までの「給料の3ヶ月分」が浸透していましたが、対する結婚指輪は、どの程度の価格を目安にしたらいいのかわからないという声が少なくありません。


とはいえ、購入時には参考となる情報がほしいところ。多様化の時代の影響で「自分たちが良いと感じるものを選べばいい」という価値観が当たり前になりつつあるといえ、目安がわからないと選びづらいですよね。


そこで今回は「30代後半編」と題し、30代後半のカップルの価格相場をご紹介します!キャリア年代でもあり、収入の余裕がある世代だけに、良いものにはお金をかける傾向があるようです。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■結婚指輪の相場はどれくらい?(30代後半編)

*【相場】17万〜30万円が最多購入価格帯


日本の定番であるプラチナの結婚指輪の全世代平均価格相場が25万〜30万円ですが、30代後半世代に絞ってみると、30代前半と同じく幅がある結果になりました。


30代後半世代の最多購入価格帯は17万〜30万円。30代前半の15万〜30万円とほぼ同じですが、少しだけ最小価格があがっています。10代・20代より高額になっていること、全世代平均より最多購入価格にやや幅があること、といった特徴は、30代前半とまったく同じです。


理由に関しても、30代前半と変わらず、こだわり派と堅実派で大きく分かれていること、そこからさらにカップルによってライフスタイルや考え方にあわせた選び方をしていることがあげられます。


多様化の社会背景をもっともあらわしていると同時に、キャリア形成とともに価値観がしっかりしてきた世代ならではといっていいでしょう。


「高ければいいというわけではない」「こだわりたいものにはお金を惜しまない」など、本物志向と同時に、自分たちらしさにこだわる傾向も30代前半世代と変わりません。冠婚葬祭やパーティー、接待や会合など、きちんと感が求められる場に出ることも多いので、「大人が安物の結婚指輪をしていると浮いて見えて恥ずかしい」という意識も働くようです。

 

結婚指輪の相場まとめ記事も要チェック

結婚指輪の相場まとめ