結婚指輪の相場 20代前半編

結婚指輪準備ガイド


 


結婚準備を進めるなかで「絶対に忘れたらいけないもの」と、最優先のひとつにあげる人が多い結婚指輪。ただ、いざ購入するとなると、もっとも適した価格がどの程度かわからないと迷ってしまいますよね。ここでは、結婚指輪の相場(20代前半編)をご紹介します。

 


■結婚指輪の相場は?


社会の多様化が進み、特に若い世代ほど自分たちの価値観を重視する傾向が強くなった昨今、結婚指輪に関しても同様といえます。全世代を通した流れでもあるのですが、より一層、指輪や結婚式にお金をかけるより、新婚旅行や新婚生活を充実させたほうがいいと考えるようです。


加えて、20代前半はまだ収入が安定していない世代。社会に出て間もない時期の結婚となると、節約を第一に考えるカップルが一般的です。とはいえ、結婚指輪といえば一生モノ。後悔しないラインとして、どの程度の金額が妥当なのでしょうか。


今回は「20代前半編」と題して、20代前半のカップルの価格相場をご紹介します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■結婚指輪の相場はどれくらい?(20代前半編)

*【相場】10万〜15万円が最多購入価格帯


定番のプラチナ結婚指輪の全世代平均価格相場、25万〜30万円を基準として考え、予算を見積もるカップルも少なくありません。


ところが、20代前半に絞ってみると、やはり収入面や価値観の違いなど、あらゆる理由から堅実傾向がうかがえました。


20代の最多購入価格帯は10万〜20万円ですが、20代前半だけでみると、さらに最高価格が抑えめの10万〜15万円という結果に。ほとんどのカップルが同価格帯を占め、20代トータルの結果以上に、全世代平均と大きな開きがあります。


価格が抑えめの理由は、収入面の不安定さ、価値観の違いはもちろん、昨今人気が高まりつつあるホワイト・イエロー・ピンクの各ゴールドの結婚指輪を選ぶ人が増えていることもポイントといえそうです。


ゴールドの特徴は、プラチナより価格がリーズナブルで、プラチナとホワイトゴールドを比較しても輝きが異なること。こうした特徴をメリットや魅力と考え、「プラチナより手ごろで購入しやすい」と選んだり、「人とはちょっと違った個性を演出したい」といった個性重視でセレクトするカップルが増えているのです。

 

結婚指輪の相場まとめ記事も要チェック

結婚指輪の相場まとめ