結婚指輪と婚約指輪をまとめて兼用にするには?

結婚指輪準備ガイド


 

結婚指輪と婚約指輪にはそれぞれの意味がありますが、婚約指輪と結婚指輪をまとめて兼用でつけていたいと思う方もいるのではないでしょうか。指輪を兼用にする際に、知っておきたいことをまとめました。

 

 


結婚指輪と婚約指輪を兼用にしたい理由

 

 

本来ならば、プロポーズの際に男性が女性に贈る婚約指輪と、結婚式で交換する結婚指輪の二つを用意するのが主流です。しかし一生に一度の大事な儀式とはいえ、二つの指輪を購入するには費用がかかります。指輪にかけるお金を節約して結婚式や旅行を豪華にしたい、新居のための資金にしたいなど、使い道は様々ですが、一つにまとめると出費を抑えられることは明確ですよね。また、婚約指輪は普段あまり使う機会がないので必要ないという意見もあります。

 

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

兼用にして後悔しないために

 

指輪の費用を抑えられたのは良かったけれど、周りの人が輝く婚約指輪をつけているのを見ると羨ましくなり、年月が経って後悔することもあるかもしれません。女性は特に一生の思い出となる婚約指輪への憧れを抱いている人も多いでしょうし、男性側も決意の固さを婚約指輪で証明したいと考える人もいるでしょう。婚約指輪は結婚してからでは買えないので、本当に兼用でいいのかしっかりふたりで話し合っておくことが大切です。

 

 

ゼクシィ

兼用におすすめの指輪

 

婚約指輪にするのもよし、普段身に着けるのもよし、まさに兼用にピッタリな指輪があります。おすすめしたいのはエタニティリング。同じサイズの宝石がぐるりと一周敷き詰められていて、華やかながら派手すぎないデザインです。普段のコーディネートにも取り入れやすく、ラインがストレートのため重ね付けしてもかさばりません。結婚指輪と婚約指輪の選りすぐりであるエタニティリングなら、理想が叶えられるのではないでしょうか。

 

指輪は二つなくてはならないという決まりはなく、ひとまとめでもふたりのこだわりや思いが詰まった指輪は素敵です。お気に入りの指輪が見つかるといいですね。