ダイヤの婚約指輪で0.3カラットが人気の理由

結婚指輪にもお返しが必要だった?初耳の方は要チェック!

結婚指輪準備ガイド


 

婚約指輪といえばいつの時代も、結婚にまつわる女性の憧れのひとつですよね。近年、ダイヤの婚約指輪では0.3カラットのものが人気と言われています。なぜ多くのカップルが0.3カラットを選ぶのでしょうか?ここでは、0.3カラットの婚約指輪が人気の理由をご紹介します。

 


■ダイヤの婚約指輪

 

婚約指輪の購入価格は抑えめに、結婚してからの新婚旅行や新生活などに金額をかけるといわれているのが現代のカップルです。年代問わずこうした傾向が強いため、時代背景を反映しているといえるかもしれません。
とはいうものの、「婚約指輪がほしい」と憧れる女ゴコロは今も昔も変わらず。結婚における“男性ががんばるポイント”といっても良いでしょう!
そんな中、ここ数年、0.3カラットの婚約指輪に人気が集中していると言われています。では、なぜ0.3カラットを選ぶ人が多いのでしょうか?理由を調べてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■婚約指輪で0.3カラットが人気の理由

 

*相場:0.3カラットの婚約指輪は、購入予算40万円に該当

 

婚約指輪に使用されるダイヤモンドのカラットは、0.1ct・0.2 ct・0.3 ct・0.5 ctがもっとも市場に出まわっているといわれており、カラットごとに相場が変わります。

0.1 ct:20万円
0.2 ct:30万円
0.3 ct:40万円
0.5 ct:50万円

上記が各カラットの平均相場ですが、特徴は、0.1カラットごとに価格が10万円アップすること。
現在の婚約指輪の全世代平均予算は、30代〜40代男性の「給料の1ヶ月分」程度の約36万円で、総合結婚情報誌「ゼクシィ」もほぼ同額の35.9万円という金額を発表しています。また、なにかと出費が多い結婚準備において、婚約指輪の上限を40万円にする男性が多いようです。

これをカラット数で見てみると、ちょうど0.3カラットの婚約指輪に該当!購入者の心理として「50万円だと高すぎるから40万で」と選ぶ傾向が強いようです。

高額だと後々の生活に響いてくる。とは言え、もうちょっとがんばっておけばよかったと後悔したくない。そんな心理を反映した「購入予算の上限40万円」事情と、その予算に最適な0.3カラットの婚約指輪。ぜひふたりのステキな思い出になる買い物にしてくださいね!