傷つきにくい結婚指輪にはこういったものがあった!

結婚指輪の豆知識


結婚指輪には、二人のこだわりが叶ったお気に入りのものを選びたいですよね。毎日身につけるため、デザインも重要ですが丈夫なものを選ぶことも購入時のポイントとなります。今回は、傷つきにくい結婚指輪の素材についてまとめました。

 


傷つきやすい素材とは?

 

プラチナやゴールドといえば、結婚指輪の定番ともいえる人気素材です。しかし、実はプラチナ素材は純度100%だと傷が付きやすく、合金で作られていることが一般的です。ゴールドの場合も同様に、単体だと柔らかく、純度が高ければ高いほど傷付きやすいといえます。結婚指輪として販売されているものは強度を上げてありますが、純度の割合に着目してみてもいいでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

傷つきにくい素材とは?

 

チタン素材は強度が高く、耐久性に優れています。硬すぎてサイズ直しには向かないという欠点もありますが、傷がつきにくく他の金属ではできないカラー加工などを楽しめるという特徴があります。その他、ステンレスも強度が高く傷つきにくい素材です。見た目の高級感は他の素材より劣りますが、とにかく強度を重視するという人や、アレルギーがある人にも適しています。

 

ゼクシィ

傷を防ぐために

 

結婚指輪はできるだけ綺麗な状態で長く使いたいものです。しかし、どんなに硬い素材を選んでも絶対に傷がつかないという保証はなく、長年使っているとどうしても細かい傷はついてくるものです。できる限り傷つけたくないという人は、スポーツをする際・重い物を持つ際など、傷がつく恐れのある状況では指輪を外すことをおすすめします。

 

指輪の素材にはそれぞれメリットがあればデメリットもあります。傷つきにくい素材について理解しつつ、デザインや使いやすさなども含め二人が納得できる指輪に出会えるといいですね。