なぜ結婚指輪は左手に?その理由とは

結婚指輪の豆知識


 

カップルから晴れて夫婦となったとき、ふたりを繋ぐ愛の証と言えば結婚指輪です。この結婚指輪、左手の薬指にはめるのには深い意味があるってご存知ですか?その理由とは一体何なんでしょうか?

 


結婚指輪が持つ意味とは?

購入時は気に入った指輪でも、長く身につけている間に飽きがきたり、時代とともに流行りのデザインが変わってきたりすることもあるでしょう。しかし汚れや傷が気になる、また思い出が詰まった指輪の輝きを取り戻したい、そんなときにおすすめなのがリフォームです。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

左手薬指の指輪は愛の証

現代では、結婚の誓いをした男女が結婚指輪をする以外にも、婚約中の女性や交際中のカップルがペアリングとして左手薬指に指輪をしているのもよく見られます。左手薬指は神聖な指と信じられているため、あえて右手の薬指にはめることもありますが、明確な決まりはありません。結婚前でも大切な存在に変わりなく、お互いの愛と絆を深めるという理由で使用されているようです。

 

ゼクシィ

左手薬指にはめる理由とは?

では、10本ある指の中で左手の薬指に結婚指輪をはめる理由はなぜでしょうか?その理由は、古代ギリシャにまでさかのぼります。古代ギリシャでは、心臓が人間の感情を司ると信じられており、左手も薬指には心臓とつながる血管があるとされていました。ハートにつながる指に指輪をすることで相手の心を掴む意味があるとされており、日本に浸透し、現在でも習慣化されているのです。また、指それぞれに意味があり左手は「信頼」を薬指には「愛情」とそれぞれ意味が決まっています。

 

結婚指輪は、ふたりの愛情とともに永遠に続くもの。指輪そのものに込められた意味と、左手の薬指に結婚指輪をする理由がわかれば、相手に対しての愛情もより特別なものとなるでしょう。