チタンの結婚指輪、デメリットは?

結婚指輪の豆知識


 

丈夫で、軽くて、金属アレルギーが起こりにくいチタン。いいことずくめのようですが、結婚指輪として使う場合、デメリットはあるのでしょうか?

 

 


貴金属ではなく、あくまでレアメタル

 

磨けばプラチナのような輝きにも見えるチタンですが、プラチナやシルバーなどの貴金属ではなく、卑金属の部類に入ります。埋蔵量が多くて資産価値も低く、工業や医療のイメージが強い素材なので、ハイブランドでは結婚指輪にチタンを使われることは、ほぼ無いようです。

 

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

加工コストが高い

 

資産的価値は低めなチタンですが、非常に硬くて、精製時に酸化しやすいため、加工には特殊な技術が必要になります。これは、レアメタルに分類される所以でもあります。時間と費用がかかるため、結婚指輪もシルバーより高額になります。また、硬さ故に、細かい細工ができるメーカーが少なく、サイズ直しなど、形を変える直しはできないお店も多くあります。あらかじめサイズ修正の可否を確認しておくことと、指の太さが変わらない努力が必要になりそうです。特に、外れなくなってしまうと、専用のリングカッターが必要なので、気を付けましょう。

 

 

ゼクシィ

過信せず大切に

 

酸化や腐食はしにくいですが、細かい傷は日常生活でも付くことがあります。特にJIS1種などの純度が高いものは、チタン合金よりも柔らかくなります。堅固な素材だからと安心せず、傷が付きそうな作業をするときは外す配慮をしたり、傷が付いてしまったら、研磨に出すなどして、大切に使いましょう。

 

硬いため、加工に関するデメリットは否めないチタンの結婚指輪。毎日身に着けるものだから、金属アレルギー、着け心地、お手入れの簡単さなどのメリットと比べて選んでみてくださいね。

 

もっとチタンについて知りたい方はこちらの記事も要チェック

チタン製の結婚指輪は危険?
チタンの結婚指輪は、金属アレルギーでも大丈夫?
チタンの結婚指輪は変色するの?