230年もの歴史を刻む、パリ5大ジュエラーのショーメ

結婚指輪準備ガイド


1780年創業の歴史のあるショーメは、パリの5大宝飾店「グランサンク」の一つです。フランス皇帝であるナポレオンやヨーロッパの王侯貴族から愛されたことでも有名で、実に2,000を超えるティアラの制作を行ってきました。

 

ショーメの特徴はそのハイセンスなデザイン性。ティアラ制作の過程で生み出された技術を駆使して作られたジュエリーは、まさに5大宝飾店の名にふさわしく圧倒されることでしょう。

 

本記事では、そんなショーメの魅力をオススメのデザインや口コミとともに紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ショーメの紹介ページ

 


フランス皇帝をも魅了したハイブランドのこだわり

 
ショーメの名を世界に届けるきっかけになったのは、やはりフランス皇帝のナポレオンが婚儀の際に使用し、それが貴族の間で広まったためです。

王族に献上できるほどの信頼を得るに至った理由として、ジュエリーに使用するダイヤモンドが全て最高級品のみであることが挙げられます。ショーメのダイヤモンドはGIA(世界宝石学会)が定めている基準を採用し、0.30カラットを超えるダイヤモンドにはそれぞれ鑑定書が付属され、品質を保証しています。

 

さらに特徴的なのはそのカット方法。ダイヤモンドの輝きを決めるカットの中でもペアシェイプカットはショーメの特徴的なモデルとなっています。より洗礼された輝きをあなたに約束するでしょう。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

フランス皇帝をも魅了したブランド、ショーメ

 
歴史あるショーメは、その独創性と、時代ごとに合わせたハイセンスなジュエリーで流行を生み出してきました。継承されてきた高い品質と現代的なデザインは、シンプルながらも品が良く、歳を重ねてもずっと付けていられる結婚指輪です。

 

ショーメの魅力はデザインだけではありません。指輪の品質にも重さを置き、ダイヤモンドは原石から専門家がカットを施し、経験豊富な販売員が好みの指輪を厳選します。ショーメの魅力はそのホスピタリティにも起因するのです。

 

ゼクシィ

男性にも人気の高い「リアン」で永遠の絆を

 
ショーメのコレクションの中でも代表的なデザインである「リアン・ドゥ・ショーメ」は、指輪と指輪の間にリングがはめ込まれているようなデザインで”二人を永遠に結びつける絆”の意味が込められています。

 

リアンの人気の秘密はそのシンプルなデザイン。男性が身に着けてもセンスが良く、職場でも好印象でしょう。男女で同じデザインの結婚指輪を選ぶ場合も、男性女性どちらの意見に偏っているものではありませんので、甘すぎない指輪は双方の好みに合致するかもしれませんね。

 

全体的にショーメのデザインは日常でも使いやすいシンプルなデザインです。いつまでも同じ指輪を身に着けたいという人は、ショーメはアフターサービスも充実しているのでおすすめです。

 

まとめ

 
歴史あるショーメでは、他には無いハイセンスで気品のある結婚指輪を選ぶことができます。

 

この先ずっと身につけていく結婚指輪です。いつまでも大事にしていきたいですよね。ちょっと奮発!となるかもしれませんが、せっかくならお気に入りの一つを購入してみてはいかがでしょうか。

ショーメの紹介ページ