婚約指輪と結婚指輪の値段の相場を教えて!

結婚指輪準備ガイド


 

結婚準備といえばまずは指輪選び、と言っても良い程、準備に時間と費用がかかりますよね。婚約指輪と結婚指輪、みなさん費用はどの程度かけているのでしょうか。今回は年代別や素材別などに分けてみていきましょう。

 

 


婚約指輪の相場は?

 

婚約指輪の購入相場を妻の年代別にみていきましょう。全体の平均購入価格は35.9万円に対し、まず、妻の年齢が20代前半の場合は37.2万円、20代後半の場合は36.4万円でした。次に妻の年齢が30代前半の場合の平均購入価格は48.1万円、30代後半の場合は37.9万円という結果が出ています。20代に比べて30代の妻の値段が高いのは、ダイヤのカラット数やラグジュアリー感のあるものが好まれる傾向なことが要因にあるようです。

 

結婚指輪の平均購入価格は24.3万円で、これはふたり分の値段なので1本あたり約12.1万円という結果でした。指輪の値段はリングの素材によっても差があり、プラチナの結婚指輪の場合は25.8万円、ゴールドの場合は23.75万円でした。デザインなどによっても変動しますが、材料費が高いプラチナの方が相場より高くなっています。

 

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

結婚指輪の相場:オーダーメイドの場合

 

婚約指輪と結婚指輪の価格相場は今まで説明したとおり、既成のものを購入した場合でした。では、オーダーメイドで結婚指輪を作った場合の価格相場はどうなのでしょうか。完全にオリジナルの指輪を作るフルオーダーメイドの場合は29.6万円、デザインや素材など既成のものを好みにアレンジして作るセミオーダーメイドの場合は21.7万円という結果になっています。

 

婚約者への気持ちを表す婚約指輪、ふたりの結婚の証として選ぶ結婚指輪、大切なのは値段ではなくふたりにとってどういった想いが込められているかではないでしょうか。ふたりのライフスタイルに合った素敵な指輪が見つかりますように。