芸能人の結婚指輪:40代編

結婚指輪準備ガイド


 

芸能人の結婚も晩婚化に伴い、40代での結婚報道も耳にするようになりました。結婚報道の中で気になるひとつが結婚指輪。40代の芸能人ともなると、高級ブランドが想像されますが、40代芸能人が選んだ結婚指輪について調べてみましょう。

 


結婚指輪のオリジナルデザインで、希少価値アップ

 

40代芸能人の結婚指輪では、「本人デザイン」というものが多いようです。最近では、片岡愛之助さん・国分太一さんが挙げられます。片岡愛之助さんが藤原紀香さんに贈った婚約指輪は3カラットのダイヤで、1000万円くらいと言われています。結婚指輪の中にプロポーズの言葉「吾が君を想う来世迄も」を刻んだというエピソードも素敵ですね。

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

イタリアの老舗ブランド「BVLGARI(ブルガリ)」

 

1884年、ローマに誕生した「BVLGARI(ブルガリ)」。真矢みきさんが婚約指輪として西島千博さんから送られた指輪が、「BVLGARI(ブルガリ)」です。真矢さんの場合は、期間限定品だったそうですが、結婚指輪だと10~30万円程度。独特のスタイルと存在感は、自分らしさを大切にする大人の花嫁にぴったりです。

 

ゼクシィ

セレブたちに愛される「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」

 

芸能人に年代を問わず愛されている「HARRY WINSTON(ハリー・ウィンストン)」。力強くパワーをくれるデザインが、ゴージャス感を引き立てます。東貴博さん、鎧塚俊彦さんも婚約指輪として選んでいます。婚約指輪だと100万円超えるものが多いようですが、結婚指輪だと30万円前後の価格帯もあるようです。

40代の芸能人の結婚指輪は、オリジナリティーが高かったり、ハイブランドだったり、一般人には縁遠い世界のように感じますが、ハイブランドメーカーでも結婚指輪であれば、購入可能な価格があるようです。参考にしてみる価値はありそうですね。

 

芸能人の結婚指輪のまとめ記事も要チェック

芸能人の結婚指輪まとめ