ミル打ち指輪のメリット・デメリット

結婚指輪準備ガイド


 

さりげないデザイン性が光るミル打ちの結婚指輪。どんな職場でも違和感なくつけられるため、ますます人気を呼んでいます。そんなミル打ちの結婚指輪を選ぶ際のポイントはどんなものなのでしょうか?ここでは、ミル打ち指輪のメリット・デメリットをご紹介します。

 


■はじめに

 

固い職場に勤務する人や、30代後半以降の大人世代ほど、職場で浮かず、かといってありきたりではないデザインがほしい、との声が聞かれる結婚指輪事情。そんな希望をもつカップルを中心に、ミル打ちの結婚指輪がますます人気を呼んでいます。

でも、ミル打ちってどんなデザインなのでしょうか?聞いたことはあるけれど、具体的に知らない、という人も少なくないはず。

そこで、ミル打ちの結婚指輪がどんなものか、メリット・デメリットはなにかをご紹介します!

 

マイナビウエディングジュエリーフェア

■ミル打ちの結婚指輪のメリット・デメリットを覚えておこう!

 

*【メリット】ミル打ちが1本入るだけで、上品で華やかに

 

 

ミル打ちの「ミル」とは、「ミルグレイン」の略。「千の粒」という意のラテン語で、繊細な粒の連続をあしらう装飾の技法をさします。

シンプルなストレート型の結婚指輪にミル打ちが1本入るだけで、オリジナリティが出るだけでなく一気に華やかに!派手なものは避けたいけれど、上品なデザインがほしい、というカップルの間で人気が高まっています。

また、業界や職種を問わず、オフィスで浮かないデザインとしてもおすすめです。固めの職場でもなじむ結婚指輪を探している人は、ぜひ手にとって試着してみては。

 

*【デメリット】やや汚れがつきやすいので、中性洗剤でこまめに洗うと◎

 

 

そんなミル打ちのデメリットとして挙げられるのは、小さな粒の連続したデザインなので、シンプルな結婚指輪に比べるとゴミがたまりやすいのでは?ということ。

とはいえ、実際は日常生活でつけたままにしておいても、それほど心配することはありません。念のため、食器洗いの中性洗剤を一滴垂らし、指でもんで洗い、水で流すことを定期的に行ったほうがいいでしょう。歯ブラシなどで叩くようにして洗うと、もっとキレイになりますよ!

加えて、化粧水やハンドクリームなど、油分を含んだものに触れる際には、指輪を外すとさらに◎。プラチナやゴールドなどの素材を問わず、指輪は油分やほこり、皮脂がくっつきやすく、指紋がついてしまいがちなので、こまめに外す習慣をつけたほうが汚れがつきにくくなります。

自分でできるお手入れ方法や、外したほうがいいシーンなどを覚えておけば、いつもキレイな状態でつけられます。ぜひ覚えておいて!

 

ミル打ちに関する記事はこちらも要チェック
ミル打ち指輪の汚れの落とし方と対策